円形脱毛症の原因と治療法と治療病院サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円形脱毛症の原因と治療法と治療病院サイトトップ >円形脱毛症治療 >>円形脱毛症の局所免疫療法って何?

円形脱毛症の局所免疫療法って何?

円形脱毛症治療において局所免疫療法という治療法がありますが、局所免疫療法とはどんな治療法なのでしょうか?

円形脱毛用治療 病院"


局所免疫療法は、かぶれ療法とも呼ばれ、スクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)、ジフェニルシクロプロペノン(DPCP)などの物質を用いて人工的に患部をかぶれさせ、毛根を攻撃するリンパ球などの免疫反応を変調させる治療法です。


比較的副作用が少なく、ガイドラインでは小児の円形脱毛症にも推奨されています。



多発性円形脱毛あるいは全頭脱毛症は難治性で再発を繰り返すことがあります。
しかしながら円形脱毛症でダメージを受けるのは毛乳頭部というところで、ここが障害を受けても永久脱毛にはならず発毛は期待できますので諦めずに治療することが大切です。



局所免疫療法に用いる薬は自然界には存在しませんので普通の生活をしていてその薬に触れることはありません。
従って、この治療で最初に行うことは体にその薬を認識させることです。
そのため上腕などに1日間この薬を塗布します。





さらに2~3週間後に体がこの薬を認識できているか、また認識できている場合はどの程度の濃度で反応するかを調べます。その後、治療を開始して1~2週間に1回患部に塗布します。

関連ワード:リンデロイ,ステロイド内服,治りかけ,画像,特効薬,カラーリング,スキンヘッド,塗り薬,完治期間,再発率




副作用はカブレです
副作用が起きないように徐々に塗布する薬の濃度をあげていきますが、場合によっては非常に強いかぶれを生じることもあります。


難治性脱毛の場合、50~85%で改善が認められ、30~40%で寛解(治癒)すると報告されています。ただし、全頭脱毛や特定の型の脱毛症では治療が困難な場合があります。

また円形脱毛の場合は治っても再発することがしばしばあります。治療途中での中止は再発または常習化することがありますので注意が必要です。


いずれの病気ににおいても治療途中での中止はよくありません。
個々の事情により中止する場合などは医師とよく相談するようにしましょう。







theme : ヘアケア
genre : ヘルス・ダイエット

関連記事検索できます。

FX会社のシステム比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。