円形脱毛症の原因と治療法と治療病院サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円形脱毛症の原因と治療法と治療病院サイトトップ >円形脱毛症治療 >>円形脱毛症の薬には「飲み薬」と「塗り薬」があります。

円形脱毛症の薬には「飲み薬」と「塗り薬」があります。

 円形脱毛症に用いられている。「飲み薬」として

・セファランチン:抗アレルギー作用・血流促進作用・免疫機能増強作用・造血機能の改善作用が期待されています。


・グリチロン:、免疫調節作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用などがあるといわれています。各種のアレルギー症状を改善する抗ヒスタミン薬「エバステル錠」(成分:エバスチン)も円形脱毛症に使われています。


・ステロイド薬「プレドニン」:、炎症をしずめたり、免疫系をおさえる作用が期待されています。


また、薬は体質によってその人に合う合わないこともありますので担当医と相談の上根気よく続けることが重要です。

関連ワード:薄毛 抜け毛 ウィッグ かつら ヘアスタイル 育毛 増毛 養毛  ヘアケア





円形脱毛症の「塗り薬」には、

・フロジン液:、成分:塩化カルプロニウム5%で、皮膚血管を拡張し血流をよくする作用があるといわれます。円形脱毛症の頭皮に塗布し、機能の低下している毛根を活動させ、脱毛防止、発毛促進につなげるということです。

円形脱毛症 病院


・フルメタ」(成分:フランカルボン酸モメタゾン):これは、2群[非常に強力]なステロイドの外用薬で、炎症をとる強い作用があるそうです。炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげます。



・「デルモベート」(成分:プロピオン酸クロベタゾール):これは、1群[最強]なステロイドの薬で、炎症をとる強い作用が期待されます。



「塗り薬」も飲み薬どうように、体質にによって効果も違ってくる場合がありますので医師と相談しながら続けるようにしましょう。






theme : ヘアケア
genre : ヘルス・ダイエット

関連記事検索できます。

FX会社のシステム比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。