円形脱毛症の原因と治療法と治療病院サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円形脱毛症と抜毛癖

円形脱毛症と似た症状が抜毛癖 (トリコチロマニア)と呼ばれる脱毛です。
抜毛癖とは抜毛症またはトリコチロマニーとも言い、正確には脱毛症ではありません。


そのため、本人が無意識に髪の毛を引き抜いているような場合には、円形脱毛症と勘違いしてしまい、誤った治療・対策が行われていることも少なくないようです


抜毛癖は、ヘアサイクルや頭皮、毛根自体に異常があるわけではなく、人為的に毛をむしりとってしまうことで円形脱毛症とは異なるケアが必要になります。



自覚の有る無しに関わらず、自分で毛を引き抜いたり、毛を根元で折ることにより、頭髪に円形脱毛症に似た症状が現れたり、部分的に極端に毛の短い部分が現れたりします。


関連:薄毛 抜け毛 ウィッグ かつら ヘアスタイル 育毛 増毛 養毛 ヘアケア





抜毛癖(トリコチロマニア)のおもな原因は心理的・精神的ストレスが原因です。
抜毛癖の多くは3歳~10歳程度の幼少期の児童や女性に現れやすく中でも生活環境によるストレスが起因することが多いようです。



また、まれに成人の方でも過度のストレスが原因で抜毛癖 (トリコチロマニア)なることがあります。



抜毛癖 (トリコチロマニア)の対策としては円形脱毛症のような薬剤による治療は必要ありませんが、抜毛癖は人為的な脱毛症状ですから、よほど長期間に渡って放置したり、酷い抜き方を続けていない限りは、必ず完治する脱毛です。


従って、他の脱毛症のように育毛・発毛のための処置をする必要はありませんが、但し、精神的なストレスに起因するものであるだけに、充分にカウンセリングをし、慎重なメンタルケアをする必要性があります。






theme : ヘアケア
genre : ヘルス・ダイエット

関連記事検索できます。

FX会社のシステム比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。